50代の女性のファッション

50代の女性のファッションには「ドラマチック」が足りません!

 

毎日の暮らしの中でこそ、いい感じでテンションを高く保てるファッションでいたいのが50代女性の共通の想いですね。普段着のおしゃれのモチベーションになるキーワードが、「ドラマチック感」だと、今、お洒落な人たちの間では言われてます。

 

派手やドレッシーとは、ちょっと違う価値観を意識するのが大事なのだとか。スーパーに買い物に行ったり、近場のショッピングセンターにウィンドウショッピングに出かけたりする時に着るカジュアルな服装でも、自分なりにいいね、と思えるそんなありふれた日常を彩るのが、ドラマチック感なのです。

 

では、具体的に日常のファッションで、どうすればドラマチックになれるのか、ポイントをあげてみたいと思います。

 

スカートの裾が揺れる

 

程よく女らしいスカートをはいて、裾を揺らして歩く時は自分に堂々とした自信が持てます。着こなしがうまくいって、スタイルがよく見えると気分も上がります。ハードなジャケットに、ソフトなフレアースカートを合わせてると、今どきのバランス感が生まれます。
ふんわりと揺れる裾に気分も華やぎ、それがドラマチック感なのです。

 

シックな色だけど女らしさのあるコーデ

 

マニッシュなスタイルには、ほのかに女らしさを香らせるだけで、気分があがります。トレンドカラーのカーキのコートに、エナメル素材のコンパースを合わせ、キレイな色のストールをベルト代わりに腰に巻きます。シックな色でつくるスポーティカジュアルが、ドラマティックを盛り上げます。

 

冬の装いにはロング丈のコート

 

コートは、冬のコーデにしめる割合が大きくなるので、特にトレンドを意識した形と質感を保つようにします。今年はロング丈で気分が上がります。インの装いがオールブラックの時には、ブランドミックスがオススメです。ブランドのイメージを活かしつつ、喧嘩しないようにコーデします。からだに沿う部分と、余裕のあるシルエットの強弱がドラマチックのポイントです。