ロングジレとスモーキーカラーのコート

ロングジレとスモーキーカラーのコート 50代の冬服のおすすめ

 

着こなすのにちょっと二の足を踏んでしまいがちな、ロングジレとスモーキーカラーのコート、実は50代のおでかけ冬服におすすめのアイテムなのです。

 

どちらも、きちんと見えてリラックス感もあるコーディネートにピッタリ。

 

いい女を演出するロングジレ

 

話題のバーへふらっと出かけたい夜に、きちんと見えする襟つきのロングジレを、手持ちの服と合わせるだけで、今っぽくておしゃれな雰囲気になります。
ZARA(ザラ)の白のジレならカジュアルスタイルにも合わせやすくて、デニムにも気軽に羽織れます。GOUT COMMUN(グーコミューン)のベージュのジレは、華奢なエリが女っぽくて、コートを脱いでもハッとするきれいな仕立てになってます。

 

 

お呼ばれにはスモーキーカラーのコートで拔け感

 

少しあらたまった席に出かける時には、無難な黒、紺、茶といったベーシックカラーを選びがちな50代。今年の冬は、スモーキーなカラーコートが旬なアイテムです。
カジュアルなフード付きコートも、淡いサックスブルーなら大人リッチに見えます。トレンドのフリンジをバックで投入して、大人のおしゃれを楽しみます。ベーシックな形のコートこそ、スモーキーな色が映えて、軽やかな印象をつくります。50代の冬服は、チェスターコートやダブルフェイスコートも、スモーキーカラーで、今年っぽさをまとえば、いい女を演出できますね。

 

 

カラーコートの小物選び

 

カラーのアウターを羽織るときの小物選びは、難しいですね。あえて別の色を持ってきて、コントラストを楽しむのも可愛いけれど、センスを問われるので危険かもしれません。一番失敗が少ないのが、同色系でまとめてグラデーションをつけるか、色のトーンを合わせるやり方です。スモークパステルなら、ニュアンスカラーのグレーが合います。コートを脱いだ時も計算して、インのコーデは、白とグレーでまとめます。