50代のニットワンピース

50代のニットワンピースは、ロング丈の方が大人っぽい着こなしに

 

50代のニットワンピースは、ロング丈の方が大人っぽい着こなしになります。

 

ニットワンピースといえば、これまではヒザ丈が主流でしたが、今年の冬は、ふくらはぎが隠れるくらいのロング丈が豊富にでてきています。

 

シンプルなニットワンピースに同じニットを腰巻きにしたようなデザインなら、1枚だけでメリハリとこなれ感の両方を手に入れられます。

 

ニュアンスのあるブルーカラーは、ニットワンピ初心者にも着こなしやすい色です。紺に近い青は、適度なハリ感と落ち感の両方を体現して、体のラインをきれいに見せてくれます。

 

縦長のシルエットを強調してくれる超ロング丈は、体のラインをさりげなく隠しながら、オシャレに大人っぽく着こなせるのが魅力です。一点豪華な小物をあしらえば、今年らしい大人のスタイルに仕上がります。

 

ニットワンピースの着こなし方・ワンポイントアドバイス

バングルで手元にアクセント

ニットワンピース自体が、からだを包み込むやわらかなシルエットだから、硬質の小物を効かせてメリハリをつけるのがポイントです。今シーズントレンドの存在感のあるバングルなら、手元にアクセントをつけつつ印象を深めてくれます。

 

重めペタンコの足元で今年のバランスに

今年は、カジュアルな重めの足元がトレンドです。スニーカーならコンパースのシンプルなタイプ。ブーツなら、重めでごついデザインがニットワンピと好相性です。

 

大ぶりバックは肩掛けタイプ

ロング&リーンなシルエットを持つロングワンピースには、小物で適度なバランスをとるのが必要不可欠。縦長のシルエットに沿わせられるショルダーバックがおすすめ。